文字サイズ 小 |中 |大 |


HOME

●○○○○ バイキング リバークルーズ○●○○○ パンダウ・クルーズ○○●○○ アッサムベンガルナビゲーション○○○●○ モアリングス○○○○● アラヌイクルーズ

最新情報 

BS-TBS「極上のクルーズ紀行」2時間スペシャル

2016年10月23日(日)午後5時〜6時54分
放送終了、お楽しみいただけましたか?

「メコン川で出会う“インドシナの微笑み”
  アンコール遺跡群を目指して」

極上のクルーズ紀行の情報はこちら
パンダウ・クルーズの詳細はこちら

13922562040_a275cb8dd2_m.jpg悠久の大河メコン。インドシナ半島を貫くこの川の下流域に広がる巨大な三角州「メコンデルタ」の街、ミトーからメコン川を遡上し、ベトナムとカンボジアの2カ国を巡ります。高級感と温かみのあるリバークルーズ船、「メコンパンダウ」は東南アジア各国から集まったという、クルーの高いホスピタリティにも定評があります。

CRUISE Traveller 掲載情報

P108〜「失われた伝統を探しにマルケサス諸島へ」

cruise@oceandream.net_20160912_192133.pdf
元千葉県知事の堂本暁子様が、民族の祭典を見に貨客船で南太平洋の秘境マルケサスを訪れ、素晴らしい写真と共に記事を執筆されました。
TBSの敏腕プロデューサーでいらしただけに、壮大なスケールの視点の記事です。ご一読をお勧めします。
アラヌイの情報はこちら

「極上のクルーズ紀行」 スペシャル放送

2016年8月10日(水)夜9時〜9時45分

絶海の美しき島々を巡るマルケサス諸島クルーズ~神秘に包まれたポリネシア文化に触れる~

aranui-5---aerial-view-4_23395925656_o.jpg
タヒチの北東1500kmに浮かぶ秘境マルケサスへの定期便、豪華'貨'客船アラヌイ5号。タヒチの首都パペーテから出港です。
 アラヌイは1980年代から「楽園行きの貨物船」として秘境好きの旅人たちには有名でした。昨年11月に進水した船内は豪華でとても貨物船には見えません。
 マルケサス諸島は、画家ポール・ゴーギャンが人生最期の2年を過ごした楽園の島。日本では、ほとんど知る人のない秘境マルケサスを、ぜひお楽しみください。
アラヌイの情報はこちら

BS-TBS「極上のクルーズ紀行」 スペシャル放送 

2016年5月11日(水) 午後9時〜午後11時

「さぁ クルーズに出かけよう!〜世界を快適に旅するヒント満載の2時間〜」

極上のクルーズ紀行 5周年ランキングスペシャルが放送されます。今回は、ナビゲーターの高橋克典さん、クルーズ専門誌「クルーズトラベラー」茂木編集長、スモールシップアライアンスの喜多川リュウさんをホストに様々なクルーズをご紹介します。

オーシャンドリームからは、次の船が選ばれ紹介されます。
・バイキングトール号         バイキングリバークルーズ社
・インドシナセイルズ・プレミアム号  インドシナセイルズ社
・シー・スピリット号         クオーク・エクスペディション社

番組は、リバークルーズ編、帆船編、アドベンチャー編などの項目に分かれて放送。楽しい番組になっています。

BS-TBS「極上のクルーズ紀行」 3週目放送 今夜 10/21 9pm~

<誰も知らない北極圏>

流氷に行く手を阻まれカナダ最後の寄港地をあきらめ、船は世界最大の島グリーンランドへ向かいます。人気日本料理店オーナーシェフ東條氏が、グリーンランドのイヌイットの人々に伝えたかった熱い思いとは。

今日が北極クルーズの最終回です。ぜひ、ご覧ください。
クルーズの詳細は、こちら → アドベンチャーカナダ

2015.01.21

TV放送 BS-朝日 「世界の船旅」 2015年1月28日(水)PM22:00~22:54

「白夜と氷の世界 北極圏ネイチャークルーズ」

 シー・アドベンチャラ―号view from the bow ツゥMatthew Swan圧縮.jpg
カナダ北極圏。そこは日本人にとって未知の世界が広がっています。アドベンチャーカナダがご案内します!

*2015年このコースは、オーシャン・エンデバー号でご案内します。

詳細はこちらまで → アドベンチャーカナダ
お問い合わせは  →お問い合わせフォームへ

2015.1.19

1月31日までのお得な期間限定発売

高級英国コロニアル型客船で行く
アジアの大河、イラワジ、チンドウィン、メコン

ザ・イラワジ900kmを行くRV Kalay 遺跡夕暮れ.jpg
   ヤンゴン~マンダレー (14泊)
ゴールデンランド 上
   プロム~マンダレー  (10泊)
ゴールデンランド 下
   マンダレー~ヤンゴン (10泊)

→もっと見る パンダウリバーエクスペディションズへ
お問い合わせフォームへ

2014.12.1〜

「ホームページ画面を順次リニューアルいたします」

皆様に、見やすく快適にご利用いただくために、このたびホームページの基本デザインを変更することとし、順次リニューアルいたします。しばらくは新・旧デザインのページが共存することになりますが、よろしくお願い申し上げます。

12/17
アドベンチャーカナダのサイトをリニューアルしました!是非ご覧ください。 

→こちらからアドベンチャーカナダ 北極圏

アドベンチャーカナダ社 「北極圏を大航海」特別クルーズ発表

CW.jpg2014.11.19 付け
北極圏で26年の実績を誇るアドベンチャーカナダ社が、2015.7月日本向け北極圏冒険クルーズを発表しました。

特別ゲストとともにカナダ極北とグリーンランドを航海。大自然とシロクマやセイウチを探し、数千年にわたって極限の地で生き抜いてきたイヌイットの村を訪れその知恵と芸術を探ります。

●クルーズ日程:2015年7月17日~29日の13日間
●船:オーシャンエンデバー(12900t、乗客198名)

●特別ゲスト:
C.W.ニコル氏 / 世界各国で活躍するナチュラリスト。自然とのかかわりは若いころから15回もの北極圏探検がきっかけでした。クルーズ中に講演を予定しています.

ジョン・ヒューストン氏 /映画監督、イヌイット芸術のエキスパート。1958年に浮世絵の技法を北極圏に紹介し、版画のイヌイ ットアート開花の立役者となったジェームス・ヒューストン の子息で、イヌイットのアーティストたちに囲まれて幼少期をすごす。

東條英員(ひでかず)氏/ バンクーバーの人気日本食レストランTojo’sのオーナー。今回は、ゲストシェフとして日本食を調理するほか、イヌイットの人たちに寿司の技法を伝える予定。

コースの詳細は、こちらから→ LinkIcon北極圏を大航海 特別クルーズ

2014年11月20日 米国ロサンゼルスから最新ニュース! 

IMG_Awards_CruiseCritic2014_478x345_tcm14-24185.jpgバイキングリバークルーズ社、2014年クルーズクリティック第2回編集者賞受賞!

「バイキングのチーム全員のおかげでこの賞を勝ち取りました、皆さんに感謝しています」と、トルスティンハーゲン会長が喜びの会見を行った。

アッサムベンガルナビゲーションのホームページが 新しくなりました!

インドの母なるガンジス川、フグリー川、ブラマプトラ川をクルーズ
アッサムベンガルナビゲーション社がインドの歴史、文化と大自然をクルーズでご案内します。


バイキングでクルーズする。
それは最高レベルの船とサービスが
約束されることを意味します。

運河・河川

| バイキングリバークルーズ
世界の大河をリードする
| ヨーロピアン・ウォーターウエイズ
ヨーロッパの運河を暮らすように航く
| アッサムベンガルナビゲーション
2つの大河で知られざるインドを極める
| SUDAN号
悠久のナイルをゆく
| インドシナセイルズ ハロン湾
ハロン湾を帆装客船で
| インドシナセイルズ メコン川
大河メコンを高級客船で巡る
| パンダウ・クルーズ
エーヤワディ、メコンをコロニアル型高級船でゆく

冒険・エコ

| アラヌイ 南太平洋
南洋の秘境、マルケサス行きの貨客船
| アドベンチャーカナダ 北極圏
北極圏にシロクマを追い、先住民と交流する
| ポラークエスト 北極圏
小型探検船でそっとシロクマに会いに行く
| クォーク 南極クルーズ
耐氷船・砕氷船で行くアドベンチャークルーズ
| アン・クルーズ
北米の知られざる大自然を行く

ヨット

| サンセイル
世界海30ヵ所にベース、自由度120%
| モアリングス
極上大型ヨット、操船・お料理すべてお任せ
| ボエッジ・チャーター
英国領バージン諸島で贅沢な大型ヨットクルーズ