ゴーバージングについて

ヨーロピアン・ウォーターウエイズ since 1974

少人数でプライベート、ヨーロッパの田舎をゆったりとお部屋ごと移動するバージクルーズ。 しかもお抱えシェフを連れて旅するような贅沢さ。あなたのクルーズの概念を一変します。

 

ホテルバージとは?

数十年前までのヨーロッパ運河には多くの貨物船が活躍していました。その後トラック輸送の時代となったため余剰となった船を瀟洒なミニ客船に改装したのがバージクルーズの始まりです。 ヨーロピアン・ウォーターウェイズのバージ船は、お客様6~12名にクルーが3~5人、内装は木をベースに上品で暖かいインテリア、浮かぶプチホテルの趣きです。大型のリバークルーズ船では入れない、静かな田舎の運河を巡ります。一日が終わって船に帰ると思わず「ただいま」というようなクルーズです。

日程、観光は

日程は、日曜~土曜の6泊7日。地元で暮らすようなゆったりした日程で、慌ただしいツアーには合わない方に特にお薦めです。観光は、通常のツアーではあまり行かない名所旧跡、ガイドブックにもない村やワイナリー、個人では入りにくいシャトー、ツアーでは行かないオーベルジュ、映画の撮影地や工芸品の工房など、とっておきの場所へ。船に同行する高級ワゴン車でお連れします。自転車も人数分あるので村を自由にサイクリング。運河沿いの小径をバージと並んでお散歩も楽しいです。

船での生活は?

一口でいうと、田舎の小さなホテルに宿泊する感覚。お客様が少人数なのでサービスがゆき届きます。船内は英語です。キャビンは広くはありませんが、落ち着きある佇まいとこだわりのインテリアで一隻一隻が個性的です。デッキ、ラウンジから手が届きそうな田園の景色を愛でます。もちろん船酔いはありません。クルーズする間、サンデッキでワインを片手に、ジャクジーでリラックスもいいですね。まるで自分の別荘にいるような心地よさと、プチホテルの細かなサービスを体験できます。

お食事は?

ヨーロピアンウオーターウエイズの一番の自慢はお食事です。 行く先々の市場でシェフ自ら新鮮な旬の食材を選び、少人数のお客様のために調理します。もちろんお料理と相性のよいローカルワインと地元のチーズをペアリング。シェフと一緒に市場やパン屋さんに行くことができます。まるでお抱えシェフを連れた旅のようです。お天気の日は気持ちのいいアルフレスコ(デッキ)での昼食もいいですね。お酒と全ての飲み物は、料金に含まれております。

ドレスコードは?

堅苦しいものはありません。カジュアルなリゾート感覚でどうぞ。足元はウオーキングシューズと少しお洒落な靴と2足お持ちください。
夏は日差しに備えて、帽子、サングラス、日焼け止めをお忘れなく。

船の乗り降りは?

集合場所と時間は、空港からアクセスのいい町のホテルか駅の情報をご案内します。お迎えの高級ワゴン車で船へ。帰りもホテルか駅までお送りします。 船はおよそ時速7kmゆっくりと航行しますので、両岸の風景がゆったり流れて行きます。
クルーズ中で寄港地以外での乗り降りも可能です。お望みなら運河沿いの小径を自転車で平走、疲れたらすぐ船にもどれます。キャプテンにご相談ください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *