2023 スバールバルの探検 10泊11日 Expedition Svalbard on M/S Stockholm

2023 Expedition Svalbard
~スバールバルの探検~ 10泊11日

M/S Stockholm号

乗船場所:ロングイヤービエン、午後乗船
下船場所:ロングイヤービエン、早朝下船


Day1:ロングイヤービエン

乗船


Day2~10:探査クルーズ 予定地

(全てに朝食、昼食、夕食が付きます)
北極圏という特殊な地域のため、寄港地は天候や氷の状態により大きく左右されます。正確な日程は、これらの条件や野生生物の発見状況によります。陸に野生生物を見つけたらゾディアックで上陸します。 以下、寄港予定地です。場合によっては、近寄れない場合もありますので、ご了承ください。


スピッツベルゲン ダンスコヤ

ニーオーレスン村はコングスフィヨルデン(フィヨルド)にあり、世界で最も北にある郵便局から絵葉書を投函できます! ここはアムンドセンとノビルが北極探検に出発した地でもあります。 2人の勇敢な探検家がダンスコヤから北極点へ向かいました。スウェーデンの探検家アンドレは水素気球で、アメリカ人ジャーナリストのウェルマンは飛行船で出発しました。出発点には現在もその残骸が残っており、2人の英雄時代のグランドアイデアの片鱗を伺わせます。


素晴らしいフィヨルド

スバールバルには数多くの息を呑むようなフィヨルドがあります。 リエフデフィヨルデンは、「愛のフィヨルド」という意味のとおり自然の美しさに溢れています。雪を頂いた山々に囲まれ、壮観なモナコ氷河に続いています。ホンケワタガモやコザクラバシガンがこの周辺で巣作りをします。運が良ければ珍しいアカハナケワタガモを見る事ができます。 クロスフィヨルデンでは「7月14日氷河」の美しい氷の彫刻を眺めます。周辺の崖はミツユビカモメやハシブトウミガラスの繁殖地で、賑やかに出迎えてくれます。ラウッドフィヨルデンは大自然の魅力が溢れる場所ですが、氷河の美しさが何よりも際立ちます。アザラシがよく姿を見せ海鳥が忙しく飛び回ります。


ヒンロペン海峡 アルケフェレット

氷塊の状態が良ければヒンロペン海峡に入ります。この海域は栄養価が特に高く、餌が豊富なため鳥が多く集まります。アルケフィエッレ(玄武岩の崖)には推定20万羽のウミガラス(Guillomet)が生息しています。天候次第で、ノールアウストランネ島の美しいパランデルブクタ湾まで進みます。


東スバールバル

ノールアウストランネ島は巨大な氷帽に覆われナチュラリストや歴史学者を魅了します。何百もの滝が氷河の絶壁を流れ落ちます。バレンツ島とエオゲ島では、素晴らしい風景と広大なツンドラが広がり、セイウチ、ホッキョクキツネ、スバールバルトナカイに遭遇するチャンスがあります。


南西スピッツベルゲン

ホルンスンの広大なフィヨルドは雲を突き抜けるような高さの山と氷河で成り立っており驚くことでしょう。天候が良ければ標高1431mのホルンスンティンド山脈の頂上を見るこ事が出来ます。ホルンスンはホッキョクグの出没地で、フィヨルドの氷上ではアゴヒゲアザラシが一休みしている事があります。


Day11:ロングイヤービエン

(朝食)
朝食後下船


北極圏という特殊な地域のため、ルートは氷や天候、遭遇する野生生物によります。
場所によっては、近寄れない場合もあります。探検を成功させる鍵は、フレキシビリティーです。
ルートは、キャプテンとエクスペディションリーダーが乗客の安全を第一に決定します。

料金表

M/S Stockholm 2023

出発日:2023/6/25, 7/15, 7/25, 8/4, 8/14, 8/24

キャビンカテゴリ 料金
ツインキャビン-ツインベッド US$11,990
ツイン・キャビン-シングル利用 US$22,690

*料金は、2人部屋2人使用の1名あたり。

予約条件

予約条件の詳細はこちらから

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *