バイキングリバーホーム

世界の大河をリードする信頼のブランド、バイキング・リバークルーズ

自らの基準を大きく打ち破る次世代型「ロングシップ」を2019年までに54隻就航

バイキングリバークルーズ社は、スイスに本社を置く世界的なリバークルーズ会社です。
創業者で会長のトスタイン・ハーゲン氏は、かつての外洋の名門ロイヤルバイキングの元社長。本物のクルーズを熟知しています。
現在ヨーロッパ、ロシア、中国、エジプトで運航。名門クルーズの条件である高い水準の船・お料理・サービスを、提供しています。

ヨーロッパの川を旅するたいへん多くのお客様がバイキングクルーズを選ばれます。

1.船・お料理・サービス 細部へのこだわり

バイキングは名門外洋クルーズで培った高いクオリティの船、料理、サービスをリバークルーズで実現、リバークルーズ界のレベルアップに大きく貢献してきました。会長のトルスタイン・ハーゲンは名門クルーズ2社の社長を歴任。

2.毎日が新しい港、新しい発見

バイキングでは専門のスタッフが、新しい感動を生み出すような寄港地観光やアクティビティを常につくりだしています。

3.ほとんどが料金に含まれます

お客様にとって重要なことは高い品質と、下船までにかかる総費用。バイキングでは、ほとんどが料金に含まれ明快です。見かけの安さでクルーズを選ぶ時代は終わりました。船でのお食事、各寄港地1つの下船観光(OPは除く)、ランチ/ディナー時のビール/ワイン/ソフトドリンク、24Hセルフサービスのコーヒー/紅茶、お部屋のミネラルウォーター、使い放題のWi-Fiインターネット(ヨーロッパ、ロシア、長江)、港湾税が含まれます。

4.美味しい料理は旅の大事な要素

少人数のお客様だからこそ可能な、地元のフレッシュな食材と丁寧な調理、お好みのチョイスメニュー。バイキングのシェフたちは決して広くは無い厨房から手品のようにお料理をお出しします。

5.次世代型ロングシップ54隻

バイキングは常に時代の先をゆく客船を就航させてきました。ヨーロッパの川で最大級のスイート、半分以上がベランダ付キャビンであるラグジュアリー船を54隻建造、欧州の川を席巻しています。

6.パーソナルの証、コンシェルジュサービス

寄港地での有名レストラン、コンサートやバレエの予約、美術館、お買い物のアドバイスなど、船のコンシェルジュがパーソナルなサービスをお約束します。

クルーズ界の専門誌、新聞などから数多くの賞を受けています。

ヨーロッパ・ロシアの客室
  • 全室外向き、シャワー、トイレ、エアコン、ドライヤー、金庫、電話、テレビ付、220v(コンセント:ヨーロッパC型)、ロングシップは110と220V、両方のコンセントがあります。220Vはヨーロッパ丸2ピンSchukoプラグです。
  • バスローブとスリッパは、フロントでリクエストできます。
  • ベッドは、ダブルベッド、ツインベッド配置変更可能(一部スタンダードはツインのみ)
ヨーロッパ・ロシアの船内設備
  • 展望ラウンジ&バー、レストラン、ショップ、図書室、ランドリー(有料)、無料Wi-Fi
  • フレンチバルコニー:天井から床までの大窓で開閉可能です。
  • ベランダ:2012年からバイキングの新造船・改装船にはベランダ設置

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *