バイキングリバー Q&A

バイキングリバーQ&A

基本的な費用はクルーズ料金に含まれています。日程表の観光、ほとんどのお食事(終日観光では町のお食事が楽しめるよう昼食は含まれません)、昼・夕食時のワイン/ビール/ソフトドリンク、コーヒー/紅茶の24時間サービスコーナー、お部屋のミネラルウォーターボトル(毎日補充)、Wi-Fi使い放題、港湾税も含まれます。自由時間にOP(有料オプション観光)がある町があります。
はい、日本の料金は米国と同じドル価格です。
日本語の日程を差し上げます。バイキング船は浮かぶ高級ホテル、船内言語は英語です。外国のホテルに個人でチェックイン/アウトができる方でしたらまず心配ありません。200名足らずなのでクルーもお客様もすぐ顔を覚えるので安心です。お客様の7~8割は50~60代の米国人です。
観光には、歩きにくい石畳や、階段の多い古城などが含まれます。バイキングでは道の平坦さ、階段、歩く時間などで難易度を①~③でランク付け、日程表に表記してあります。また夕方のブリーフィングで翌日の観光のご説明をします。内容がよく聞き取れない場合でもプログラムディレクターが個別にお答えします。足の不自由なお客様は、ご予約時にご相談ください。
川の港はほとんどが町中でバイキングはライン、マイン、エルベ川などで最も便がいい場所に専用桟橋を持っています。180年以上の歴史ある川船会社を受け継ぐからこそ可能なのです。
船内通過はユーロ、お支払いはサインでOK。下船前日に精算します。カードはVISA、マスターカード、Amex。現金はユーロ、ドルです。
船内で両替は出来ません。ご出発前か、現地の両替所をご利用ください。
お客様のお名前が印刷された冊子型の乗船証、日本語の日程表、ガイドブック(英語)、緊急連絡先、荷物タグ、特製ポーチを宅配便でお届けします。(2019.8現在。仕様は予告なしに変わることがあります)
可能です。船は毎日川沿いの町にをクルーズしながら寄港します。事前にフライトスケジュールや、ご到着/発着の情報をご連絡いただければ、スムーズにご参加いただけるようお手伝いします。ご利用いただかない部分は権利放棄(返金はありません)となります。
ほとんどの寄港地では複数の観光の中から好きなコースをお選びいただけますが、参加せずに自由にお過ごしいただくこともできます。ただし、出港1時間前までに必ずお戻りください。出港時間は船内新聞をご覧ください。またレセプションやクルーズマネージャーに観光に参加されない、またはご自身で町に出ることをお知らせください。
各寄港地に一つの観光が料金に含まれており、その他の特別な観光をオプショナルとして別途有料でご用意しております。事前予約も乗船後に船内で予約も可能です。毎晩配布される船内新聞のスケジュール表は夕方に行われるブリーフィングでも案内します。
残念ながらご予約されているお客様以外、船内に入ることができません。寄港地のレストランやカフェをご利用ください。
全てのお部屋は最大2名様のご利用になっております。バイキングでは2人部屋のお1人様専有追加料金は+100%です。
18歳未満のお子様はご乗船できません。
船を乗り降りする時、タラップでは車椅子をご利用いただけないため、付き添いの方の補助で、少なくとも20メートル歩くことができればご参加いただけます。ただし、ヨーロッパの多くの都市では石畳の道が多く、車椅子に適しておりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *