バイキングスター、外洋船初のPCR検査室を船内に設置

バイキングスター、外洋船初のPCR検査室を船内に設置

11月2日
バイキングクルーズは、外洋船で初めての本格的なPCR検査室をバイキング・スター船内に設置したと発表しました。
業界初のこの新しい設備では、クルーとお客様全員に負担が軽い唾液採取タイプのPCR検査を可能にします。検査室では、毎日クルーとお客様全員分の検査能力があり、世界中の新型コロナウイルスの感染状況に柔軟に対応することが可能です。

乗客定員930名でいくつもの受賞歴を持つバイキングスターは、策定した衛生手順とプロトコールを船上で実地テストし、効果が発揮できることを確認します。

バイキングはここ何か月もの間、本件に取り組んできました。これにより、お客様とクルーの安全を守りながらクルーズを再開するという方向へ大きく前進しました。私たちが調査してきた公衆衛生方針は、CDC(米国疾病管理予防センター)の最新ガイドラインと方向性を同じくします。安全運航のためには強力なPCR検査が必要で、それを求めるCDCの方針に沿っています。

「船内でPCR検査を積極的に実施し衛生手順を充実することによって、バイキングの船で安全に世界を巡ることができます」バイキング社の外洋運航副社長マット・グリムスが述べます。

バイキング・スター号は11月の中旬にノルウエーのオスロ入港、PCR検査室と新しいデザインとオペレーション手順を公開します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *