ポラークエストを選ぶ理由

ポラークエストを選ぶ理由

ポラークエスト社は、スバルバード諸島と北極圏で小型探査船による探検クルーズを運航するこの分野では世界をリードするスウエーデンの会社です。 この地球でも稀な手つかずの大自然、スバルバード諸島で1999年からエクスペディションクルーズを運航。創業者のカタリナ・サレンとパー・マグナスらはさらにその何年も前からこのエリアで活動してきました。我々のスバルバードに対する知識と情報と愛情は、他の追随を許しません。スバルバードは間違いなく、野生動物たちと出会える、世界でもっとも素晴らしい場所の一つです。

小グループだからこそ、野生動物との出会い

ポラークエストの基本は、小グループでの探検。大自然や野生動物を身近に観察するために必須です。私たちは皆様を地球上でもっとも辺境にありエキサイティングな場所の一つにお連れします。これらの地域は、個人で行くには困難かつ不可能なところばかりです。皆様は、同様な興味を持った方々といっしょに探検し、純粋に野生動物との出会いを楽しみます。

探検船

ポラークエストの船は豪華客船ではありません。しかし基本的ではありますが快適な居住性と美味しいお食事を提供しながら、強靭な船体で少人数のお客様を乗せ、極地へ向かいます。クルーズの目的は、毎日頑丈なゾディアックで何度か上陸し、極地の大自然とすばらしい野生生物を身近に観察することです。 小型の探検船がすぐれている点は、よりリラックスし堅苦しくないこと。大型船よりぐっと目的地に近づくことができ、それだけ上陸する機会が多くなります。 実際の航路は、天候、氷の状態、野生生物がいる場所によって機動的に決定します。冒険を成功させるカギは、柔軟性です。

経験豊富なガイドとスタッフ

わたしたちは長い経験から、探検を成功させるカギは十分な知識と情熱をもったエクスペディション・リーダーだということを知っています。ポラークエストの探検クルーズは、極地での経験とスバルバードへの強い愛情を持ったガイドがご案内します。本社スタッフも極地での経験があり情熱を持っています。

手つかずの大自然

わたしたちの小型探検船は、みなさんを手つかずの大自然のまっただ中へお連れします。しかし私たちは、壊れやすい自然や生態系を乱さぬよう、十分注意しながら旅をしなくてはなりません。ポラークエストは、AECO(極地冒険クルーズオペレーター協会)の会員として積極的に活動しています。

なぜスバルバード諸島?

・ ここは北緯80度にかかる高緯度の地。北極点はすぐそこ。 ・ 世界でも有数の辺境の地 ・ スバルバードへの冒険クルーズは、一生残る思い出 ・ マジックのような白夜を経験 ・ ユニークで特別な大自然と野生生物の宝庫 ・ シロクマ、セイウチ、クジラなどの野生生物に遭遇 ・ 氷河、目を見張る氷の造形、流氷、絶海のフィヨルド、ツンドラなどの極地ならではの景観 ・ 写真愛好家、自然を愛する人のパラダイス ・ 真の静寂 ・ 興味深い極地の歴史

スバルバード諸島

6月のハイライト ・ 白夜 ・ ヒナを連れた野鳥 ・ 命にあふれる鳥の群れ ・ 6月の終わりは、ツンドラの花々のつぼみが出始める ・ シーズン初頭は氷と雪の冬景色 ・ 巨大流氷に巡り会える最大のチャンス 7月のハイライト ・ 白夜 ・ ヒナを連れた野鳥 ・ ツンドラは百花繚乱、お花畑 ・ 氷は少しづつ減少、スバルバード諸島東岸に入るチャンス 8~9月のハイライト ・ 氷がゆるむため、より冒険性の高い、長いクルーズ可能。 ・ スバルバード諸島の東部まで探検できるチャンス、ホワイト島も可能になる事も ・ 運が良ければスピッツベルゲン島一周、場合によってはノードアウスランデットも ・ 8月22日からは白日(終日太陽が沈まない)ではなくなりますが、素晴らしい日没が見られます ・ 9月の太陽光は優しく、様々な色に変化します ・ 9月が一番クジラを多く見ることができ、セイウチの群れが最大の大きさになったことを観察できる

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *