M/S Stockholm ストックホルム号

M/S Stockholm ストックホルム号

1953年ストックホルム(スウエーデン)のFinnboda造船所でスウエーデン海洋管理局により建造され、1955-83年まで主にバルト海で灯台や灯標を管理する任務についた後、別の会社を経て1997年現オーナーで船長Per Engwall氏が買い取り、1999年快適に航海できる耐氷客船として完全改装、再進水しました。少人数のMS Stockholmでのクルーズは、まさに自分たちで組織した局地探検隊です。 全長:40m、全幅:8.8m、喫水:3.6m、総トン数:361t、機関:423HP、建造:1953年(1999年改装)、船籍:ノルウエー、耐氷性能:Lloyds 1A1、 搭載ゾディアック(上陸用ゴムボート):2隻、乗客定員:12名、(左記とは別にエージェント用スタッフキャビン上下TW2名分)、クルー:8名、ナチュラリスト兼ガイド(英語):1名、オーナーキャプテン:Per Engwall

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *