歴史

スーダン号の歴史

ほぼ100年前、蒸気船スーダン号は、ベルエポック時代のナイル川をゆく最後の目撃者です。その航跡には、Sirトーマス・クックの先見性ある精神と伝説の川をゆく歴史が浮かび上がります。

1869スエズ運河が創設され、ヨーロッパとアジアの海上貿易ルートが開かれます。エジプトの経済と観光はすぐに恩恵をうけるようになります。先進的な英国人起業家であるトーマス・クックは、何千年もの歴史と、ユニークで快適な気候と生活を誇る国を探査する機会を得ます。この可能性が英国の貴族たちに受けると確信したクックと息子は副王のケディブから借り受けた船で最初のナイルクルーズを運行します。

1876エジプトは英国の保護領となり、クックはナイルクルーズをさらに発展させます。 1880年に、彼はナイル川ですべての観光船を運航する権利を得ます。 1884年、彼の船団はスーダンでの軍事作戦のために徴用され、深刻な被害を受けます。そこでクックは自ら蒸気船を建造することを決意します。プリンスアッバス号、テューフィク号、ラムセス号は、スコットランドで建造され、カイロに運ばれ組み立てられました。

1899年、クックはナイル川沿いに自らの帝国を広げます。アスワンにオールド・カタラクト・ホテルを建設します。これはヌビアのアブシンベル神殿に行くため、爆流のあるアスワンで船を乗り換える客が滞在するためのものです。1902年に建設されたアスワンダムはナイル川の状況を変え、観光客も増加しました。

1911-1921クックは、エジプト号、アラビア号、スーダン号の3隻からなる高速の船団を建造します。これによりカイロ-アスワンの航程を20日に短縮、熱心な観光客がさらに増えることになります。

1922-1935スーダン号とナイル川クルーズは黄金時代を迎えます。多くの外交官、実業家、考古学者たちが古代エジプトの素晴らしさを発見するため大金を払ってナイル川にやって来ます。 1933年、アガサ​​・クリスティは考古学者の夫と共にナイル川をクルーズし、ミステリー不朽の名作「ナイル殺人事件」が生まれます。

1939-1991第二次世界大戦はエジプトでの観光を不可能にしました。スーダン号は50年以上にわたって係留、放置されたました。90年代前半、観光ブームの到来と共にナイル川クルーズが再び盛り上がり、エジプトの船主がスーダン号をドイツのツアーオペレーターに売却しましたが、船は再び放棄されました。

2000年パリに本社を置くヴォヤジュール・ドゥ・モンド社の2人の役員がカイロの岸壁でひどい状態のスーダン号を発見しました。彼らはエジプトのオーナーと協力し、半年をかけて修理、航行ができるまでになりました。

2006 ヴォヤジュール・ドゥ・モンド社は完全な船の所有権を獲得します。歴史的な雰囲気を損なわず栄光の姿に戻すため、様々な改装が行われ、ついに蒸気船スーダン号はナイルとその歴史的名所を巡るクルーズに就航します。

2011年、船は4年ごとのドライドック入りをし、完全なオーバーホールが行われました。蒸気機関が完全に修理され、燃料消費と防音が大幅に改善しました。キッチンも改装され、ナイル川沿いの広大な畑で有機栽培された野菜がレストランで供給されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *