ダーウィンの発見

ダーウィンの発見

ダーウィンの発見
-Darwin’s Discoveries-

クルーズのハイライト

  • ユネスコの世界遺産、ガラパゴス諸島
  • 川沿いのグアヤキル・ウィンダムホテルでクルーズ前泊
  • ラ・ピンタ号でガラパゴス6泊のクルーズ
  • 7つの島と小島で上陸観光
  • チャールズ・ダーウィン研究所訪問
  • 野生の環境で巣作りしている野鳥や動物を見学
  • 海洋動物をシュノーケル、パンガ、グラス・ボトム・ボートで観察
  • 認定ガイドが12名の少人数グループでご案内
  • グアヤキルとガラパゴス間の往復フライト
  • ラ・ピンタ号内での3食お酒を含むお飲み物

コースについて

エリア ガラパゴス
ラ ピンタ号 La Pinta
ルート グアヤキル/エクラドル~セイモウル・ノルテ島~イサベラ島 / フェルナンディナ島~ラビダ島 / サンタ・クルス島~フロレアナ島~バルトラ島
泊数 7泊8日

乗船日・日程・料金

日程 行程 食事
Day1
グアヤキル/エクラドル
ようこそエクアドルへ!太平洋への港町で旅をスタート。
今夜はウィンダム・グアヤキル・ホテルに泊まります。
この素晴らしいホテルは、サンタ・アナの丘や有名な灯台と同じく、 川沿いの「マレコン2000ボードウォーク」に面しています。
市内で自由時間、屋上のプールでリラックス、明日の冒険のためにゆっくり 休んでください。
Day2
グアヤキル / バルトラ島 – 乗船 /
セイモウル・ノルテ島
早朝にスタート、ユネスコの世界遺産ガラパゴス島に向かいます。
グアヤキルからバルトラ島に飛行機で移動、キャプテンとクルーが ヨット型客船ラ・ピンタ号でお出迎えします。
セイモウル・ノルテ島の 探検では、チャールズ・ダーウィンが1835年に訪れた時と同様に皆さんも 諸島のユニークで美しい大自然に畏敬の念を抱くでしょう。
この島は見事なアオアシカツオドリや大型のグンカンドリの生息地でも あります。
隆起して形成され植物が少ないこの島は、巣作りに最適な 場所です。
パンガやハイキングを通して、この鳥の風変わりな特徴を 観察してください。
朝・昼・夕
Day3
イサベラ島 /
フェルナンディナ島
荘重的な地層の海域、ヴィセンテ・ロカ岬を探検。
この島がどのように 誕生したかの地質学の説明だけでなく、アオアシカツオドリや飛べない カワウソの生態などをガイドがパンガ(小型船)で移動しながら解説します。
荒々しい岩だらけの海岸と一部海に沈んでいる洞窟は魚やアオウミガメの 宝庫となっています。条件が良ければ、マスク、フィン、シュノーケルを 着けて潜水し、間近で見ることができます。
その後、がラパゴス諸島で 最も手つかずの自然が残る島、フェルナンディナ島をガイドの案内で 散策します。
島の活火山は2009年に噴火しています。何千頭ものイグアナが 生息しており、ガラパゴスペンギンの棲息地でもあります。
朝・昼・夕
Day4
イサベラ島
イサベラ島は豊かな野生生物を育む、面積が広く、形成されてから 100万年の若い島です。
ウルビナ湾の原野を散策すると、色鮮やかで 大型のリクイグアナや、運が良ければゾウガメを見ることができます。
ウルビナ湾からタガス湾に渡る途中、ラ・ピンタ号の広々としたデッキから ボリバル海峡を行き来するクジラやイルカに出会えるかもしれません。
タガス湾に小型船を下ろし、凝灰岩の円錐が侵食された異世界のような 風景で、シュノーケリング、カヤック、またはパンガで遊んだ後、塩水湖と 風景を見渡すダーウィン・クレーターの裏側をハイキングします。
石化雨(溶岩が水に触れて急速に冷えたもの)、岩に刻まれた捕鯨船や 海賊が残した絵(最も古いものは1836年にさかのぼる)やペンギン、 ガラパゴスタカ、ウミウを見る絶好の機会です。
朝・昼・夕
Day5
ラビダ島 /
サンタ・クルス島
ラビダ島の珍しい赤色のビーチは、アシカやウミイグアナが好んで 日光浴をしています。
アオアシカツオドリ、ナスカオオハシ、キセキレイ、 ダーウィンフィンチとペリカンと遭遇できるでしょう。暖かい赤褐色の 浜辺は、シュノーケリングに最高のスポットです。
もしくは グラスボトム・ボートで海の中を観察することができます。サンタ・クルス島の ドラゴンヒル(丘)をハイキング、頂上からの展望をお楽しみください。
島の内側を一望でき、フラミンゴや寝そべるリクイグアナなども見ることが 出来るかもしれません。
朝・昼・夕
Day6
サンタ・クルス島
本日は巨大なゾウガメが主役です。
チャールズ・ダーウィン研究所では ゾウガメの赤ちゃん「ガラパギトス」を、安全に生息地に戻せる年齢に なるまで飼育する優れたプログラムを見学します。
ガラパゴスの生態系を 脅かす脅威について学び、ガラパゴスの保護に貢献します。ガラパゴスの 特別スタンプをパスポートに押してほしい方はご持参ください。
時間が許せば、町を自由散策します。フィンチベイ・ホテルで昼食後、 霧のかかった森の中の高地を散策し、自然の中でゾウガメを見学します。
朝・昼・夕
Day7
フロレアナ島
今日は終日冒険です。シュノーケリング、ハイキング、カヤック、 スキフ、ガラスボトムボート、ビーチでリラックスしたり。
それにポストオフィスベイかフロレアナ島の有名な樽のポストに 絵葉書を出しましょう。 バロネスビューポイントへのハイキングでは 素晴らしい写真が撮れるでしょう。
火山でできた迷路のような水路を パンガライドやカヤックで巡り、島の地質について学びましょう。 そして2つのビーチを訪れます。
プンタコーモラントの緑の石のビーチに 沿って、フラミンゴが棲息する汽水ラグーンまで散策、その後 アオウミガメが産卵に上陸してくる白砂のビーチを訪れます。
朝・昼・夕
Day8
バルトラ島
ラ・ピンタ号での生涯忘れることのない冒険に終止符を打ち、 バルトラ島に帰港。空港へ送迎。
ここからグアヤキル空港経由で 帰国の途に就きます。またはオプションでマチュピチュを申し込まれた方は キトまで行き、ペルーのリマへ向かいます。
※出港の1時間前までにご乗船下さい。
※観光は料金に含まれます。(OP:オプショナルツアーを除く)
※日程は、天候、水位の高低などの理由で変更になる場合があります。ご了承ください。
※OPは予告なく変更になります。詳細は予約後にご確認ください。
※OPの終日観光には、ランチが含まれる場合があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *