ベンガルディスパッチ9

写真

コースの魅力

アッサムベンガルナビゲーションは2014年、ガンジス川向けにラージマハール号を建造、ファラッカ – パトナ – バラナシまでを2往復するクルーズを運航できるようになりました。 ガンジス川バラナシ付近までクルーズできるのは、喫水の浅いラージマハール号でも水位が高い夏の間に限られます。それはインドに最も活気がと魅力がある季節でもあります。上り、下りいずれもバラナシで2日間過ごし、朝にはガートでの人々の沐浴、夕には川辺でのアールティの祈りの儀式を見学します。 パトナとバラナシの間では、観光客が行くことのない田舎の村や町にも上陸し、インドの素顔を知ることができます。 みな知っているようで知らないガンジス川クルーズ、あなたもぜひどうぞ。

料金と日程

日程・寄港地 行程
Day 1
パトナー
パトナーの空港、駅またはホテルでお出迎え、16時以降船に乗船。船内レストランで夕食。夕食時にマネールに向けて出港
Day 2
マネール
朝食時クルーズ。午前、マネールのムガール帝国の霊廟を見学。船に戻り、ソン川との合流地点を通過、活気のある川港ドリガンジを過ぎ、そのままゴーグラー川の合流点近辺で停泊
Day 3
バクサル
午前、バリアーを通りバクサルまでクルーズ。イギリスによる1764年のバクサルの戦いとプラッシーの戦いで、英領インドの基礎を固めたことで有名な地です。戦いの記念碑を見学し、古い東インド会社の墓地も訪問。その後、サイクルリクシャ―でバクサルのガート(沐浴場)を見学
Day 4
ガジープル
チャウサを通過し、ガジープルまでクルーズ。現在も公式なアヘンの生産地でもあります。ヨークタウンの戦い(米国独立戦争)の英国敗軍の将、コーンウォリス将軍の墓を見学。時間に余裕があれば、活気あるガジプールの市場を観光します。真実のインド体験です。
Day 5
サールナート
午前、ヴァラナシ(ベナレス)までクルーズ。3千年前に建設され、光の都と呼ばれ、最も長期に無人のままで存在する都市です。「バナラシは歴史よりも古く、伝統よりも古く、伝説よりも古い。この都市は、それら全てを寄せ集めたものよりも古いように見える。」とマーク・トウェインが記しました。すべてを手放し、精神的な美しい世界で感性を高めます。ヒンズー教の最も重要な聖地で、モクシャ(救済)を求めるものが世界中から集まる場所です。昼食後、サールナートを観光、釈迦が初めて説法を行った場所、鹿野苑を見学。その後、近くの考古博物館を見学します。
Day 6
チュナール
午前、チュナールまでクルーズ。ムガール帝国の城塞と墓地、英国領時代の墓地を見学。織物工房や素焼きの工房などにも立ち寄ります。その後、ラムナガルまでクルーズ、マハラジャの宮殿と博物館を見学
Day 7
ヴァラナシ
ラジュガット
早朝、小型ボートに乗りガート(沐浴場)前をクルーズ。船で朝食後、賑やかなヴァラナシの町を徒歩観光。午後は小型ボートでお祈りアールティの儀式を見学(ヒンドゥー教)。ラージガットに停泊している船に戻ります。
Day 8
ヴァラナシ
ベナレス
朝食後、下船(ご希望により空港または駅へ送迎)
  • ※出港の1時間前までにご乗船下さい。
  • ※観光は料金に含まれます。(OP:オプショナルツアーを除く)
  • ※日程は、天候、水位の高低などの理由で変更になる場合があります。ご了承ください。
  • ※OPは予告なく変更になります。詳細は出発予約後にご確認ください。
  • ※OPの終日観光には、ランチが含まれる場合があります。

出発日 SAMPLE

最新料金表はこちらからどうぞ
2020-21 Rajmahal ガンジス川
2020-21 Sukapha ガンジス川
*ご不明な点はお問い合わせください


必ずお読みください

1)クルーズ
料金に含まれるもの
”乗船料、乗船日夕食から下船日朝食までの全食事、コーヒー・紅茶・ミネラルウォーター、全エクスカーション及び入場料、英語ガイド。”
アッサム: "(国立公園/野生保護区のジープサファリ、エレファントサファリを含む)、現地空港(Guwahati,Tezpur,Jorhat,Dibrugar)と船(Charaidew号、Sukapha号)専用車送迎、(Tata助手席1名、後部座席2名)。人数によっては船内および下船観光の英語ネイチャーガイド。"
ベンガル: ”コースによっては電車のチケット、専用車空港/電車駅送迎”
料金に含まれないもの
”日本から現地空港までの航空運賃、ソフトドリンク、アルコール、チップ(1日6ドル見当)、ランドリー、国立公園/野生保護区での写真撮影料・ビデオ撮影料、その他個人的費用。マッサージ(SUKAPHA号のみ)。Tax 4.5%”
船内設備
展望ラウンジ&バー、レストラン、サンデッキ(セルフサービスのバーカウンター)
客席:エアコン、シャワー/トイレ、TVと電話はなし、キャビンに金庫無し、部屋のキーはなし、アメニティ:シャンプー/リンス/石鹸/ミネラルウォーター。
電話:クルーズマネージャーは携帯電話を持っているがシステム上、日本にはつながりません。
2)ホテルがクルーズの日程に含まれる場合 "Diphlu River Lodge(アッサムベンガル社直営) TWルーム12室(1戸建てロッジ3棟、2戸建て2棟)"
Diphlu Riverロッジの料金に含まれるもの
”1泊 昼、夕朝食付き。ソフトドリンク・紅茶・コーヒー・ミネラルウォーター。”
アッサム: "アクティビティ:ジープまたはエレファントサファリおよび入場料(アマチュアカメラ撮影料、税金含む)、4WDのトランスファー、ネイチャーガイド(英語)、バードウォッチング、キャンプファイヤー、ロッジでの民族舞踊鑑賞、サイクリング、紅茶農園散策。 "
ベンガル: ”コースによっては電車のチケット、専用車空港/電車駅送迎”
ロッジの料金に含まれないもの
”アルコール類、カジランガ国立公園でのビデオ撮影料、チップ(1泊あたり$6見当、船と同じ方式)、ランドリー、電話、その他個人的費用。Tax 4.5%”
  • ロッジのロケーション
    • Diphlu川を挟んでカジランガ国立公園に隣接。
  • ロッジ設備
    • ”レストラン、バーラウンジ、中庭はエコ浄水システムを導水した水田。客室:TWベッド、バルコニー (デッキチェア付き)、エアコン、天井ファン、冷蔵庫、ミニバー、電気ティーポット、広いシャワー/トイレ。TVと電話は無し”
          

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *